中国─15 中国歴史散歩
北魏三大石窟を訪ねて

← 前頁の一覧表に戻る 詳細はお問い合わせ下さい。TEL.03─3664─3065
 中国でも、その歴史の長さと、中原への影響力の深さを誇る山西省。
 春秋戦国の晋国は、すでに中国全域の中枢でした。
 仏教関係の遺跡も多く、その代表的なものは北魏時代に開鑿された雲岡石窟です。
 時の皇帝になぞらえて彫り出された「曇曜五窟」は圧巻です。
 後に洛陽に遷都する北魏は、龍門石窟も開鑿しています。
 このツアーは、中原の三大石窟、龍門、雲岡、鞏県を、一遍で見てしまおうという贅沢な旅です。
 北方騎馬民族の影が黄河文明の根底に横たわる、山西省の古文化をコンパクトに訪ねます。

雲岡石窟・前窟

     雲岡・第20窟
鞏県石窟寺 雲岡石窟・第5窟 鞏県石窟寺

龍門・賓陽洞

龍門・奉先寺

龍門・古陽洞
       
出発日  2018年6月29日(金)~7月4日。6日間(大同をカットした5日間コースも可)
旅行代金  ¥279,000円。
添乗員  8名様以上、添乗員同行。  
航空会社  CA=中国国際航空
予定ホテル  5星、4星クラスのホテル
 主催  美術研究センター 
記号のは航空機、 はバス、━━━ は列車、 〜〜 は船、 を表示
羽田  北京(08:30/11:20,CA184便)
関西  北京(09:00/11:20,CA162便)
北京で合流、国家博物館見学。夕食後夜便にて河南省の省都・鄭州へ。
北京  鄭州(21:10/23:00,CA1331)              (鄭州空港近くの凱芙国際飯店泊)
鄭州 鞏県(専用バスにて約1.5H)、鞏県石窟寺見学。
鞏県
洛陽(約2H)                   (洛陽・東山賓館2連泊)
終日:龍門石窟見学。東山側も見学。時間があれば水泉石窟見学。
午前:龍門石窟特別見学(古陽洞、賓陽洞)
午後:洛陽
鄭州空港へ。
鄭州 
北京(17:40/19:15,CA1392便)         (北京空港近くの国際飯店泊) 
北京  大同(07:00/08:15,CA1119)(大同をカットして帰国する5日間コースも可)
終日:雲岡石窟の見学                     (大同・金地豪生大酒店泊)
大同 北京(09:00/10:10,CA1120)国際線に乗り継ぎ、帰国の途へ。
北京  関西(16:25/20:30,CA161)
北京  羽田(17:10/21:20,CA183)
← 前頁の一覧表に戻る