中国-5 中国シルクロード
河西回廊を敦煌へ
←前頁の一覧表に戻る 詳細は電話でお問い合わせ下さい。TEL.03─3664─3065
 古来、西安からローマへと連なるシルクロードは、壮大なロマンに満ちています。
 特に祁連山(キレンザン)の麓、万里長城西端の嘉峪関(カヨクカン)から敦煌にかけては「河西回廊」と呼ばれて、漢の武帝の時代に匈奴との壮絶な戦いを繰り広げました。
 若き大将軍・衛青(エイセイ)や霍去病(カクキョヘイ)が匈奴と戦い、悲運の武将・李広、その孫の李陵がさまよったゴビ灘の砂漠が、地平線の果てまで続きます。
 李陵を援護して宮刑に処せられた司馬遷が『史記』に記した酒泉から、汗血馬を求めた李広利など、物語豊かな「河西回廊」を、蜃気楼や竜巻を遠望しながら敦煌まで走破する、雄大な旅をお楽しみいただけます。
 敦煌では、35年にわたる弊社と敦煌研究院との特別友好関係がありますので、学術研究などで
莫高窟、楡鈴窟、東千佛洞などの特別見学をご希望の方は、ご相談下さい。
  
     
長城西端の嘉峪関   莫高窟第17窟(1978年撮影)
莫高窟第57窟  祁連山に沿って河西回廊を行く
敦煌・莫高窟全景                             鳴沙山にて                                   陽関砦  

出発可能日  2016年、5/11~16、8/24~29。6日間
料金目安  ¥285,000円(2~5名様現地日本語ガイド、6名様以上で添乗員同行
予定ホテル  4星
参考文献  『敦煌』井上靖著、新潮文庫、¥500
 『李陵』中島敦著、新潮文庫、¥380 
記号の ✈ は航空機、 ✇ はバス、━━━ は列車を表示しています。
成田/中部/関西  上海  嘉峪関                   (酒泉泊)   
嘉峪関 敦煌 霍去病ゆかりの酒泉、万里長城西端の砦・嘉峪関見学後、狼煙塔や橋湾廃城、
李陵や李広将軍に思いをはせながら、河西回廊を一路西へ。車窓よりゴビ砂漠や祁連山の銀嶺を見ながら敦煌へ。ご希望により途中「楡林窟」見学もできます(有料)。     (敦煌3連泊
終日:世界遺産の莫高窟を特別見学。夕刻、稜線の美しい大砂山=鳴沙山を散策。
『涼州詞』に’春光渡らず玉門関’と詠われた玉門関遺跡、’陽関三畳’で有名な西域への関所・陽関遺跡の見学。(ご希望により西千佛洞見学も可)。夕食後、敦煌夜市の見学など。
午前、市立博物館、白馬塔、沙州故城など市内見学。夕便で敦煌 ✈ 西安      (西安泊)
西安 ✈ 成田/中部/関西
   ←前頁の一覧表に戻る