中国─6 悠久のシルクロード
─ 敦煌・ウルムチ・トルファン・カシュガル・パミール ─
← 前頁の一覧表に戻る 詳細は電話でお問い合わせ下さい。TEL.03─3664─3065

 悠久のロマンを秘めた遙かなるシルクロード!
 見渡す限りの地平線、蜃気楼や竜巻をはるかに望み、また、古代シルクロードの数々の遺跡を訪れながら、ゴビの砂漠を越えて行く豪快な旅。
 長安の都から遠くローマやインドに至るシルクロードは、“絹の道”であるとともに玄奘三蔵などの“仏教伝来の道”でもありました。4~14世紀華開いた仏教芸術の、目を見張る石窟群が敦煌に展開します。
 弊社は、40年に亘る敦煌研究院との友好協力関係を生かして、特別窟(有料)の見学も手配できますので、ご希望の方はご一報下さい。
 西域への砦「玉門関」跡を見学後、中国判新幹線で大砂漠をトルファンへ!
 中国シルクロードの西端、タクラマカン砂漠に咲く緑のオアシス、トルファン、カシュガルはウィグル族やカザフ、タジク、キルギス族の別世界です。
 「西遊記」に登場する火焔山の麓、彼らは目も眩むばかりの鮮やかな民族衣装で、底抜けに明るく唄い、舞う。
 最果ての町カシュガルは、西域最大のモスク=エイティカル寺院を中心に、イカケ屋、ロクロ屋、宝石屋、楽器屋、ナイフ屋など、ありとあらゆる露店市がひしめく職人街、コーランの響き、カスバの匂いなど異国情緒溢れる町です。 
 このツアーはまた、パミール高原の大自然に分け入り、7500mのムスタグ・アタ山の麓、神秘のカラクリ湖まで、日帰り小旅行をお楽しみ頂きます。
 シルクロードというと大変なところと思いがちですが、今はホテルや食事も良く、ご年配の方にも安心してご参加いただけます。


鳴沙山夕景

敦煌・莫高窟全景

陽関砦跡

トルファン・交河故城

トルファン・火焔山にて

トルファン・高昌故城跡

カシュガル・バザールへ

ウルムチ・南山カザフ族

シシカバブの露天

天山

カシュガル・エイティカル寺院の礼拝

天山を越えて中央アジアへ

好時期  4~10月。 8日間
添乗員  8名様以上で添乗員同行。4~7名様で現地日本語ガイド付き。
料金目安  37~38万前後の予定。
航空会社  CA=中国国際航空の予定。
予定ホテル  4星~5星
  記号の  は航空機、 はバス、━━━ は列車、 を表示しています。
羽田/中部/関西 北京 。いずれもCA午後便の予定。  北京空港ホテル泊
早朝便にて北京  敦煌(06:50/10:10-CA1287便)
午後:「砂漠の大画廊」莫高窟の見学。夕方:稜線の美しい鳴沙山、月牙泉見学、散策 (敦煌泊) 
 3 午前:西域への砦「玉門関」跡、烽火台など見学後、柳園南駅より最新の特急列車でトルファンへ。
敦煌 ━━━ トルファン(17:42/21:17)                                    (トルファン2連泊)
火焔山を見ながら、玄奘三蔵法師も訪れたカラホジャ=高昌古城へ。ベゼクリク千仏洞見学。天山から引いた無数の水路=カレーズ、交河故城などを見学。
夜は葡萄棚の下で陽気なウィグル族の「胡旋舞」観賞。                         (トルファン泊)  
朝:トルファン ✇ ウルムチ ウルムチ  カシュガル (13:30/15:25,CA1477)
右に天山山脈を、左にタクマラカン大砂漠を見ながら、中国シルクロード西端の町カシュガルへ。
着後、エイティカル寺院、周辺のバザール、職人街など見学。                  (カシュガル2連泊)  
終日:7600mのムスタグ・アタ山の麓・神秘のカラクリ湖までパミール高原日帰りバスの旅(片道約3H)。
帰路、キルギス族のパオ、ウィグル族のオアシス村=ウパール訪問                 (カシュガル泊)
朝:ウィグル族の日曜大バザール、香妃墓 見学後、空港へ。カシュガル  北京(16:25/22:50、CA1478)
                                                      (北京空港ホテル泊)
北京  成田/中部/関西(いずれも昼~午後到着の予定)                                                  
  ← 前頁の一覧表に戻る。