ミャンマー2 ミャンマー・ハイライト
←前ページへ戻る   詳細はお電話でお問い合せ下さい。03-3664-3065
 ミャンマーは、仏教が生きているせいか、大地に生きる人々の感動的な姿があちこちに残っていて、旅人を暖かく迎えてくれます。
 独特の一本足漁で有名なインレー湖は、大々的な漁村マーケットや、少年僧の学校や、赤や橙色の袈裟を付けた托鉢僧の行列が-朝霧の中をゆっくりとこちらへ近づいてくる。功徳を施す人々とそれを受け取る僧侶達の姿など…。
 ミャンマー最後の王朝の町マンダレーでは、1000人の大僧院の生活風景や、ウーペインの長大な木橋を渡る托鉢僧の列などが見られます。黄金のパゴダが林立する古都パガンは、朝日や夕陽に美しく輝くのどかな田園風景に、人々の素朴な生活が溶け込んでいます。
 全日空直行便で、バラエティー溢れる、快適な旅をお楽しみ頂けます。
 現地では、専用の日本語ガイドが、専用車でご案内します。
シュエダゴン・パゴダ パガン朝陽のパゴダ ウーペイン橋の僧列

インレー湖の一本足魚

パゴダ拝礼の人々

托鉢僧に供養
マハガンダヨン僧院の食事風景 托鉢に向う少年僧 パガン夕景
予定期日 4月~12月、毎日出発可。7日間
料金目安 ¥365,000円(2名様よりご出発可。現地日本語ガイドがご案内)
航空会社 NH=全日空ANA直行便。
予定ホテル 星クラス
記号の は航空機、 はバス、━━━は列車、を表示しています。
成田 ヤンゴン(11:45/17:15,NH813)                  (ヤンゴン泊) 
朝便にてヤンゴン ヘーホー ✇ インレー湖(朝便)
インレー湖の水上マーケット、少年僧の学校の読経風景などの撮影。水上生活者の撮影。
                                  (インレー湖泊)
早朝:僧侶の集団托鉢風景、漁猟マーケットなど。イラワディ河の漁村や工房、洗濯場などの撮影。
夜便にてインレー湖 マンダレー(夜便)              (マンダレー泊)
1000人の僧侶が修行するマハガンダヨン僧院の撮影。シュエナンド寺院、クドードゥ・パゴダ、長いウーペイン橋の夕景撮影など。夜便にてマンダレー パガン  (パガン泊)
終日:パガンの撮影。朝霧に輝くパゴダ群、僧侶の集団托鉢風景、アーナンダ寺院、周辺の村々の撮影など。アーナンダ寺院の下見、準備風景、バザールの撮影。    (パガン泊)  
朝便にてパガンヤンゴン(08:05/10:10,7Y-111便)
シュエダゴン・パゴダ、ボージョー・マーケット、尼僧院などヤンゴン市内撮影。
深夜便にて帰国ヤンゴン 成田(22:10出発、全日空814直行便)                (機中泊)
  成田(06:45到着、全日空直行便) 
 ←前ページの一覧表に戻る