オランダ-1 アムステルダム5連泊
オランダ 写真撮影の旅
←前ページへ戻る   詳細はお電話でお問い合せ下さい。03-3664-3065

 鎖国時代に唯一交流があったヨーロッパの国オランダは、親日的で、安心して旅行をお楽しみいただけます。
 シーボルト、チューリップ、ゴッホ、風車と運河にはね橋と、九州ほどの国土に山地はなく、海へと続く運河が縦横にはりめぐされています。
カメラを片手に散策すれば、運河に跳ね橋、ゴッホの世界が広がります。
フェルメールの故郷は、まさに絵と同じ光が差し込んでおりました。
 教会の尖塔を見上げ、ゆっくりと雲を待つ。運河を眺め、船や鳥を待つ。
 背の高い女性が髪をなびかせ、自転車で通りぬけてゆく。
現地の人々の生活や出会いを大切にして、自由自在な撮影を楽しみたいと思います。被写体に溢れたオランダをアムステルダムに5連泊です。
 撮影に最適な運河や花市場、広場に近いホテルを厳選致しました。
 今回の訪問時期は昼の時間が長く、日の出は朝5時半、日の入りは夜の9時半頃のため、充分に撮影を楽しめます。
 素晴らしい作品が期待されます。お早めにご予約下さい。
   
    
出発日  2018年7月12日(木)~18日(水)。7日間
料金目安  ¥457,000円(6名様以上で添乗員同行の場合)
航空会社  KLMオランダ航空(KL)。
予定ホテル  「レンブラント・スクエア・ホテル」4星
食事  撮影を優先するため、昼夕食は事前予約せず、現地で自在にご案内します。
 その料金は、合計およそ¥3万円程度の見込みです。
美術館見学  アムステルダム国立美術館等の見学ご希望の方は、お申し出下さい。
参考文献   蜂須賀秀紀著:フォトコン別冊「個性的表現術」
  日本写真企画「カンタン操作で個性的な写真が撮れる本」
   
記号の は航空機、 はバス、━━━は列車、〜 は船舶を表示。
関西 10:25 15:10 アムステルダム。着後ホテルへ。「レンブラント・ホテル」5連泊               
終日:アムステルダム市内の撮影。運河、レンブラント広場、マヘレの跳ね橋、ダム広場、西教会、中央駅周辺など撮影。
*この日は、基本的に全て徒歩で撮影移動となります。
郊外の村の撮影。漁村フォーレンダム、チーズで有名なエダム、
ハーレム、モーツアルトゆかりの聖バフォ教会、肉屋のギルドハウス、広場、市庁舎など撮影。      
フェルメールの故郷・デルフト日帰り撮影。
マルクト広場、新教会、市庁舎、運河、斜塔の旧教会、
フェルメールやオランダ建国の祖・オラニエ公ゆかりの地など
ミッフィーの故郷・ユトレヒト日帰り撮影。
運河、ドム塔、学生街の町、旧市街、セントラル駅周辺など
午前:ホテル周辺のフリー撮影。11時頃、ホテル出発、空港へ。
アムステルダム 14:40  KLM867便(機中泊)
 08:45 関西空港到着。KLM867便。通関後解散。
  ←前ページへ戻る