ベトナム-1 … 林 喜一 先生と行く …
南ベトナム 写真撮影の旅
← 前頁の一覧表に戻る 詳細は電話でお問い合わせ下さい。TEL.03-3664-3065
 
今回はゆっくり腰を落ち着けて、ベトナム南部の、ホーチミン・シティーからカントーなどを拠点にして、メコンンデルタの人々の生活を集中的に撮影したいと思います。
 タイ、カンボディア、ビルマ、ラオスなどとともに、インドシナ半島の文化を形成してきたベトナムは、近代に至って、フランスの植民地支配やベトナム戦争などで激動の渦中にありました。
 現在花開くベトナムの魅惑は、そうした世界史の中を戦い抜いてきた人々の苦悩や喜び、美しくも強い人間性に支えられているようです。
 南北に広いベトナムは、気候風土から民族、生活まで様々ですが、今回は、南のメコンデルタを基盤とする人々の生の姿を中心に撮影したいと思います。
 また、古いクメールの文化が残るソクチャンまで足を伸ばして、多彩なベトナムを撮影したいと思います。
            
旅行期日 2019年11月13日(水)~11月19日(火)、7日間
同行講師  林 喜一 先生(全日本写真連盟監事、埼玉県美術家協会写真部会長、英国王立写真協会会員) 
ガイド 12名様よりご出発、現地日本語ガイド付き、添乗員同行。
料金目安 ¥275,000円
航空会社 ベトナム航空
予定ホテル 4星、5星
 記号の ✈ は航空機、 ✇ はバス、━━━は列車、を表示。
成田 09:30 ✈ 14:20 ホーチミン(VN301)
市内の繁華街など撮影後、ホテルへ。
ホーチミン カントー 途中、ビンロンにてレンガ工場など撮影。
カントー着後、メコンの支流・カントー川を行き交う船などデルタ地域の撮影。(カントー2連泊)
カイランの水上マーケット、タイアン市場とその周辺、活気あふれるカントーの町を撮影。(カントー泊) 
カントー ✇ ソクチャン(約2時間) メコン下流のクメール人の村へ。着後寺院や漁村の撮影
(ソクチャン泊)
・コウモリ寺、ソクチャン市場、水上マーケットなど撮影。
・ソクチャン
カントー 途中の村々の撮影(カントー泊)
・途中の撮影をしながらカントー   ホーチミン (空港近くのホテル泊
早朝、空港へ。ホーチミン ✈ 成田(06:25/13:45-VN302便)
← 前頁の一覧表に戻る