インドー1 夫馬勲先生と行く
 
インド「ガンジスの民」写真撮影の旅
←ツアーの一覧に戻る 詳細は電話でお問い合わせ下さい。TEL.03─3664─3065
聖地ベナレス! 
 そこには、さまざまな人間模様がうずまき、混沌として計り知れないインド大陸の縮図に満ちあふれています。一生一度の祈願を懐いて、インド各地から家族ぐるみで訪れるガンジス河の沐浴風景には圧倒されますが、その真摯なヒンドゥー教徒の姿は実に感動的で、美しくもあります。
 このツアーでは、早朝からチャーターボートで、朝日に向かって沐浴する人々に大接近して心ゆくまで撮影します。
 ベナレスはまた、近郊に、知られざる素朴で美しい村々が多数存在していて、バラエティーに富んだ人々の生活が撮影できるのも、大きな特徴です。
 今回は、ベナレスの東方、北方、南方などのガンジス河に沿って、観光客はもちろんインド人でも知らない町や村を訪ねて、この地の現地ガイドの案内、夫馬先生の同行指導で、思う存分に撮影したいと思います。
 ベナレスは、ガンジス河の沐浴ガートに至近の、撮影に最適のホテルに4連泊のゆとりの旅です。

         *参考写真集:『聖地ベナレスの民』夫馬勲著、毎日新聞社刊

             
旅行期日  2019年2月10日(日)~2月17日(日)8日間
料金目安  ¥385、000円の予定(10名様以上で添乗員同行)  
同行講師  夫馬勲先生(日本写真家協会会員、二科会写真部会員)
航空会社  KE=大韓航空の予定。(成田/関西/福岡などからも仁川で合流できます)
予定ホテル  ベナレス=ガンジス河至近のホテル4連泊の予定(3星程度)。
  記号の は航空機、 ✇ はバス、━━━ は列車、 〜〜 は船、 を表示しています。
中部  仁川(9:30/11:35,KE752)、 仁川  デリー (12:45/18:20,KE481)       (デリー空港近くのホテル泊)
デリー  ベナレス(10:30/11:45,AI-406)。着後ホテルへ。
昼食後、ホテルにチェックイン。
午後:ガンジス河のガート周辺の撮影。バザールや夕陽のガンガーの撮影。 (ガンガー至近のホテル4連泊) 
早朝:聖なるガンジス河のヒンドゥー教徒の沐浴風景、洗濯場、裸の行者僧サドゥーなどをチャーターボートで撮影。
        ガート周辺の露店街、火葬場などのフリー撮影。
午後:
モスクや鉄道駅の人々、結婚式などベナレス市内の撮影。
午前:悟りを開いた釈迦が、初の説法をした「サルナート」、鹿野苑、仏教を保護したアショカ王の石柱、それらの遺跡出   土品を展示する考古学博物館など見学、撮影。
午後:ガンジス河を東方に沿って、ガジプールなど周辺の村々や漁村などを日帰り撮影。
終日:ガンジス南方の村々(バチェンガーラ、他)を日帰り撮影
 朝:再度ガンジスの沐浴風景を撮影。昼、ホテルをチェックアウトして、ベナレス空港へ直行。夕方便にてデリーヘ。
ベナレス  デリー(16:45/18:35-9W15)       (デリー泊)
オールド・デリーなどデリー市内の見学、ショッピングなどの後空港へ。
夜便にてデリー  仁川(19:40/05:50,KE482便)              (機中泊)
 05:50仁川到着  仁川  中部〈09:00/10:55、KE741便))
 ← ツアーの一覧に戻る