インド-4 =宮殿ホテル5連泊 =
インド・西部原住民
写真撮影の旅
←前ページへ戻る 詳細は電話でお問い合わせ下さい。TEL.03─3664─3065

インド西端、パキスタンと国境を接するグジャラート州は、モヘンジョダロと同じインダス文明のドーラビーラ遺跡が発見されたように、4500年もの歴史の上に、ギリシャ・ローマ、ペルシャ文明や海のシルクロード、アーリア人や近世ヨーロッパ文化などが交錯する文明の十字路として、興味つきない地域ですが、そこにはまた、それ故に、独特の文化をもって現代に至る数々の砂漠の少数民族原住民の珍しい衣装や風俗習慣がグジャラート州のあちこちに残っています。
 このツアーは、それらインド人でもほとんど知らない素朴な村々を訪ねて、砂漠に生きる原住民の生活を追って、ジャンブゴダの旧宮殿ホテル5連泊で、自由自在に心ゆくまで撮影しようというものです。
 西部インドの原点に触れる、素晴らしい被写体に溢れる撮影ツアーです。


 


出発日  2016年2~3月末の金曜日出発。8日間 
添乗員  2~5名様の時、現地日本語ガイドがご案内。6名様以上で添乗員同行。 
料金目安  ¥35万円前後
航空会社  TG(タイ国際航空)
予定ホテル  4星、2星、無星 
記号の ✈ は航空機、 ✇ はバス、━━━ は列車、 〜 は船舶、 を表示しています。
成田/中部/関西(昼頃発) ✈ バンコク ✈ デリー (デリー空港近くのホテル泊)
デリー ✈ ヴァドダラヴァドダラ ✇ ジャンブゴダ(約3H)、午後:周辺の原住民村など撮影                           (ジャンブゴダの宮殿ホテル5連泊)  
周辺のダボイ村、サンクヘダ村などの撮影。
終日:周辺のテイムブラヤ村、パンワド村などの撮影。
周辺のワカット村、ガバルガンデイア村、世界遺産のチャンパナール村などの撮影。
ジャンプゴダ周辺の村、バザールなどの撮影。
ジャンプゴダ ✇ ヴァドダラヴァドダラ 10:55 ✈ 12:35 デリー 着後:デリーでショッピング、
夕食後、深夜便にて帰国。デリー ✈ 機中泊
✈ バンコク ✈ 成田/中部/関西。 
  ←前ページの一覧表に戻る