ネパール-1  夫馬 勲 先生と行く
ネパール・写真撮影の旅
←前ページへ戻る 詳細はお電話でお問い合せ下さい。03-3664-3065
 
 ヒマラヤ山麓に囲まれ神々の住む栄光の都・ネパールの首都カトマンズは、数々のすばらしい被写体に溢れています。
 奈良・斑鳩の原風景にも似て、五重塔をあちこちに望むカトマンズ、パタン、バドガオンの古い町々はなぜか旅人の心をなごませてやみません。
 また、カトマンズ周辺の素朴で美しい村々の生活風景はバラエティーに溢れるすばらしい被写体の宝庫です。糸つむぎの村、機織り村、壺焼きの村、農村風景など、観光客の入らない自然の姿の傑作が撮れます。
 2年前この地を襲った大地震で、人々の生活とその文化は壊滅的な打撃を受けましたが、彼らはいま、その廃墟の中からなんとか立ち直ろうとしています。その姿もまた、美しく感動的です。
 今回は、全面改装された「イエロー・パゴダ・ホテル」に4連泊して、そのネパールの現実を尋ねてみたいと思います。
 どこへ行くにも30分、疲れたらホテルで昼寝付き。
 ご年配の方にも優しい、優雅で自在な撮影行です。
 一味違う撮影の旅を、現地に詳しい夫馬先生の同行指導でお楽しみ頂きます!

      

出発可能日 2017年6月12日(月)~6月17日(土)、6日間
同行講師 夫馬 勲 先生(日本写真家協会会員、二科会写真部会員) 
料金目安 ¥315,000円。出発決定、残席2
航空会社 KE=大韓航空(成田/関西空港発着も可)
予定ホテル イエロー・パゴダ・ホテル(4星)
記号のは航空機、はバス、━━━ は列車、を表示しています。
中部 09:25 11:25 ソウル(仁川)13:25 16:50 カトマンズ。カトマンズ4連泊。 
午前:スワナンプナート(目玉寺)の礼拝風景の撮影。
カトマンズの中心「ダルバール広場」旧王宮、クマリ館、タレジュ寺院、市場街など撮影。
午後:カトマンズ周辺の村々の撮影。
早朝:徒歩で庶民の大朝市をフリー撮影。
終日:15~17世紀の古都バグダプール地区の巧みの街、陶器の街、バザール、農作業風景など
パタンのクンベソラ寺周辺の木曜バザールや広場の寺院群の撮影。
午後:ブンガマティ村、コーカナ村など周辺の村々の撮影
パシュパティナート火葬場の撮影。ボダナートのチベット寺院礼拝風景の撮影など。
夜便にて帰国。カトマンズ 19:40 ソウル(KE696便にて帰国。機中泊)
05:15 ソウル(仁川)着ソウル 10:40 12:30 中部空港到着(成田/関西発着も可)
  ←前ページへ戻る