ラオス-1
ラオスの人々 写真撮影の旅
←前ページへ戻る   詳細はお電話でお問い合せ下さい。03-3664-3065

  インドシナ半島の中部に位置して、大メコンに沿った小国ラオスは、古代中国の「南越」、ラオ族のランサーン王国、そしてフランスの支配、ヴェトナム戦争と、波瀾万丈の歴史に翻弄されてきましたが、北部高原の多くの仏教徒少数民族で構成される「ルアンパバン王国」は、全体が世界遺産に登録されているように、比較的安定した数少ない地域といえるかもしれません。
 今回は、北部ラオスの山岳少数民族の姿や、敬虔な仏教徒の素朴で美しい伝統文化を大切に、自然と共に生きる人々を撮影したいと思います。
 ノンキアウからは、メコンの支流の一つ「ウー川」のダイナミックな舟下りも楽しみです。  
    
出発日  2017年11月9日(木)~16日(木)。8日間
料金目安  ¥325,000円(6名様以上で添乗員同行の場合)
航空会社  ベトナム航空(VN)。
予定ホテル  3星、4星
   
記号の は航空機、 はバス、━━━は列車、〜 は船舶を表示。
成田/中部/関西 ハノイ ビエンチャン。首都ビエンチャン、空港近くのホテル泊                   
午前:ホテル周辺の撮影後、昼便にてビエンチャン ルアンナムタ、着後、ランテン族の織物村など撮影しながら、北部山岳民族の拠点ムアンシンへ。  (ムアンシン2連泊)
早朝:村の朝市の撮影。ホテルで朝食後、周辺の少数民族村を訪問。
午前:タイルー族の村で、酒や納豆作りなど撮影。
午後:ミャンマーとの国境近くのアカ族の村の撮影。夕方ムアンシンに戻る。        
タイルー族の村でシルク織物場など撮影しながら、ムアンシン ムアンナムタ(2H)
昼食後、 ウドンサイ(3H)、途中、カム族村の撮影。(ウドンサイ泊)
ウドンサイ パクモン ノンキアウ 途中:モン族、カム族村の撮影。
ノンキアウ周辺のモン族、カム族村で撮影。(ノンキアウ泊)
午前:ウー川の舟下り(専用ボートで約1.5H)。途中、ラオ族、カム族の撮影。
午後: ルアンパバンへ(1.5H)
午後:市内撮影。プーシー丘にて夕陽の情景撮影。
早朝:托鉢の僧列、モーニング・マーケットなど撮影。
午前:王宮博物館、プーシー市場、ワットシェンなど市内見学。
夕食後空港へ。ルアンパバン 19:55 21:10 ハノイ(VN930)(機中泊)
ハノイ 00:30 07:35 成田、またはハノイ 00:10 06:30 中部 
  ←前ページへ戻る