スペイン-1 ─ 情熱のスペイン ─
アンダルシアの光と風と

←前頁の一覧表に戻る 詳細はお電話でお問い合せ下さい。TEL.03-3664-3065
  情熱のスペインを、初夏の絶好の季節に訪れる写真撮影の旅!
 ドンキホーテの故郷ラ・マンチャ地方は、色とりどりのフレスコの壁、青い空に空しく回る風車に群、悠然と生きる農家の人々など、どこを向いても素晴らしい被写体に溢れています。
 コルドバからセビリアへの途中は、普段観光客が訪れることのない断崖の上の白い町カルモナで撮影します。
 カルメンと闘牛士の恋や、セビリアの理髪師で名高いアンダルシア地方も、白い壁、青やピンクの木戸や、窓を飾る花籠の民家が 続く石畳の路地など、我々を魅了してやみません。
 実はこのコース、1990年頃、生前の植田正治先生がペンタックスのカレンダー撮影で弊社と一緒に開拓した撮影コースで、多方面から絶賛を浴びたものです。
 霧のわく崖上の白い町・ロンダでは、中世の宮殿を改装したパラドールに泊まって、自在にお楽しみいただく予定です。

 このツアーは、写真撮影にも一般観光にも、柔軟に対応できますので、ご家族ご友人お誘い合わせでご参加下さい。
              
            
出発好期 2017年10月9日(月)~18日(水)。10日間
料金目安 557,800(2名様以上で現地日本語専用ガイド同行)
航空会社 イベリア航空直行便予定。
予定ホテル 4星
記号の は航空機、 はバス、━━━ は列車、を表示
成田 11:20 18:20 マドリード イベリア航空直行便           (マドリード泊)

午前:プラド美術館見学後、マドリード コンセグラ アルマグロ
ドンキホーテの故郷ラマンチャ地方のコンセグラで風車の風景や村々の撮影、
ラマンチャ地方の素朴な町の宿屋泊。民家などの撮影。     (アルマグロのパラドール泊)
アルマグロ グラナダ アンダルシアの白や青の家や村、農村風景などを撮影しながらグラナダへ。                                    (グラナダ泊) 
午前:アルハンブラ宮殿(混雑のため外部からの見学)など、グラナダ市内撮影後。
午後:グラナダ ミハス ロンダ白い町・ミハスを撮影して断崖絶壁の白い町ロンダへ。
                                (ロンダのパラドール泊)
午前:ロンダの撮影。
午後:カルメンの故郷、セビリアの理髪師などで有名なセビリアへ。
ご希望によりフラメンコ鑑賞
                        (セビリア泊)
午前:セビリアの撮影。
午後:セビリア カルモナ コルドバ

途中:白い丘上のカルモナのパラドールで休憩、素朴な美しい路地など撮影 (コルドバ2連泊) 
終日:セビリアと並ぶアンダルシアの古都・コルドバの見学・撮影。古城や農村風景など
AVE新幹線にてコルドバ 10:28 12:20 マドリード 
着後:マドリードの下町情緒溢れるマヨール広場周辺の撮影、ショッピング等 (マドリード泊) 
出発までホテル周辺のフリー見学撮影。
マドリード 13:20 (イベリア航空直行便で帰国)               (機中泊)
10    09:35 成田到着 
  ← 前頁の一覧表に戻る