ウズベキスタン-1  春を呼ぶウズベキスタン騎馬民族の祭典
サマルカンド「ブズカシ」写真撮影の旅
← 前頁の一覧表に戻る 詳細は電話でお問い合わせ下さい。TEL.03─3664─3065
 古来、長安とローマを結ぶシルクロードの中央に位置し、また南北しるくろーどの交点にも位置して、東西文化交流の世界的拠点を担ってきた中央アジアは、限りないロマンに満ちています。
 その中心地・サマルカンドで春を呼ぶ騎馬民族の勇壮な祭典「ブスカシ」が、大々的に行われます。この時期、寒い冬が終わり、若葉がぐっと萌えだし、ウズベクの人々の心が高揚してきます。
 遊牧民の風習を多分に残す騎馬競技「ブスカシ」は、周辺各地から一家総出で人々が集まり、
中国人を魅了してやまなかった「胡旋舞」に明け暮れます。
 サマルカンド州の特別許可をもとに実現した撮影ツアーです。
出発可能日  2019年3月19日(火)~25日(月)、 7日間
料金目安  ¥350,000円前後(6名様以上で添乗員同行2~5名様で現地日本語ガイド付き)
航空会社  大韓航空(KE)予定。
予定ホテル  4星、5星
記号の は航空機、 はバス、━━━ は高速列車、を表示しています
成田/中部/関西他各地(10時前後 12時前後ソウル タシケント(15:30/19:20-KE941便) 
タシケント 08:OO ━━━ 10:15 サマルカンド(アフラシアブ特急列車2H)。青の都サマルカンドの撮影。レギスタン広場、アフラシアブの丘、バザールなど撮影。 (サマルカンド2連泊) 
終日:バスで近郊の騎馬民族村へ(片道1H)。勇壮なナウルーズ祭り(ブズカシ)の撮影 
サマルカンドブハラ。チャイハネで休憩、モスク、メドレッセなどを撮影しながら
第2の街ブハラへ。                          (2連泊)
終日:カリヤンミナレット、古代円屋根商店街、タキの古代銀行などブハラの撮影
夕方:メドレッセ中庭のウズベク民族歌舞(胡旋舞)観賞  
ブハラ タシケント、国立博物館、タシケント市内の観光、撮影。深夜便にて帰国。
タシケント ✈ ソウル(21:20/07:40-KE942便)機中泊
ソウル 10:00 ✈ 成田/中部/関西など各地到着
  ← 前頁の一覧表に戻る。